A to Z of ECsite

販売数が膨大なECサイトは設計に奥義がある

販売数が膨大なECサイトは設計に奥義がある 出来合いのものをECサイトとして使わないで設計の作業から携わる場合に不可欠なのは、商品を売り込む熱意が伝わるようにすることです。
購買意欲をくすぐる一品を大量に扱っているECサイトでさえ設計を軽視していれば、同業他社が運営するものに立場を逆転させられます。
設計する折に留意するのは、顧客が求める商品に特徴が似ているものをさりげなく提案することです。
欲しているものがあらかじめ決めっているECサイトの利用者の時間に余裕があれば、他に販売されている一品にも目を通し始めます。
できるだけECサイトの訪問者の心に響くものを提案できるように設計すると、購買活動が加速していくというわけです。
豊富な品数をほこっていいようとも売り上げが向上しなければ単なる飾りに過ぎなくなりますから、外せない項目と言ってもいいほどです。
利用者が検索に用いた言葉など参考になる情報を組み合わせると、運営者との間に認識の齟齬が発生する確率を抑えられます。

ECサイト構築とサイトマップのお話

ECサイトを制作する上で最も大事にしたいのが、サイト自体の見やすさです。
作り手はついつい自分自身が所有する技術力を前面に押し出したECサイトの構築を行ってしまいますが、高い技術と高度なノウハウで制作されたサイトが必ずしも、利用客に喜ばれるとは限りません。
むしろ分かりづらいギミックやインパクト重視の仕掛けは、純粋に商品の比較検討を目的に訪れるユーザーにとって邪魔な存在にすらなります。
また遊園地や大型ショッピングモールではありませんが、扱うモノとサービスが膨大で、ページ数が甚大なECサイトの場合はサイトマップを分かりやすく構築しなければ、ユーザーの迷子を誘発します。
特にユーザーが確実に確認したい決済や送料、販売者の情報、商品に関する質問、問い合わせ窓口はひと目で分かるようにサイトマップに明記しておきましょう。
派手過ぎるページとシンプルなECサイトとでは、後者の方が多くのネットユーザーから支持されますので、制作者は常にわかりやすさと見やすさを意識して設計しなければいけません。

CONTENTS